<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 昨日だったかな?うちの会社の代表の講話を聞く。
 まあこれがネガティブな感じで、「他に比べ、うちは・・」のオンパレ。責任感というものはないのですかーーー。
 んでまあうちの代表が何が言いたかったのかというと、ネット系の教育サービスに今後力を入れることになるよん、ってこと。んでこれも別に現場の我々に声高に宣言しなくたってね、という話。
 とりあえずネガティブ&ネット系ってことで社員のヤル気を削ぎ削ぎ講話で・・。まあトップだから、危機感を持たせてケツ叩きたいのは分かるけどさ、こうさ、例えば「わが社の現状はかくかくしかじかですが、今後わが社はかくかくしかじかのヴィジョンを持って、更なる高みに向けて一丸となってがんばろうではないか」とかいう感じだったら、なんかワクワクできるわけじゃん。

 その講話の後、Pが珍しく良いことを言う。「現場の生のコミュニケーション。これに勝るものなんて無い」。
うおおおい。どうしたよーおいぃぃ。
 確かにネットは情報収集とコミュニケーションの場だとするならば、ネット上での後者は所詮代償行為でしかないと、そういうわけだ。ネット上でバキバキにコミュニケーション取ってるやつも生のコミュニケーションには引け目を感じていると。ふん、なるほど。

 受験も終わり、なにもかも終わったような気分のこの時期。少しヤル気が出てきた気がする。

 
 こないだ、1年弱ほど数学をとってた子が、私文コースになったため辞めてしまった。
 「うーん、数学やっぱ克服できんかった?」と聞くと、
 「いやあ分かったんですが、こんなふうにしないと答が出ないのか、というのが分かっちゃって、すごい数学って面倒くさいんだなって。だからやっぱ受験で数学使わない方向にしました」
 うーん、私はどうすればよかったんだろ・・・。そりゃ数学は文系科目みたいに暗記して、問題読んだらすっと答が出る、ってもんじゃないけどさ・・。その考える過程が楽しいのに・・。ぶつぶつ。結局はこうなる運命だったのかも。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2010-04-16 02:20 | diary

 うーん、うまくいかない原因が分からない。あの校がうまくいっている原因も分からない。
まあ他のことはあまり考えないで、しっかりやるべきことをやればいいんだけど、でも原因を踏まえた上で次に進みたい、というのもある。
 たぶんだけど、エネルギーの注ぎ方が足りてない?気がする。校責の職にも慣れてきて、要領も得てきて。昔はようわからずに、「正しいことをやってれば、とりあえずいいんだ」みたいなところがあって。でもだんだんそればっかりじゃなくても、ポイントを押さえればいいってことに無意識的に気付いたりして。
 うん、とりあえずやったほうがいいと思うことは、例え「余る」としてもやったほうがいいんだ。
 みんなで同じ方向向きたいけど、やっぱうちの県はリーダーシップが大いに欠けている気がする。
 O氏もおそらく個別のことようわからんから、割とみんなに任せているところあるし。
 その点、大分はすごい。KGさんの気迫みたいなもんがビシビシ伝わってくる。少し羨ましい。

 とにかく頑張るべ。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2010-04-09 02:20
 今年のサマソニはスマパンだってよ!!あとピクシーズにイールズ!!おいおい、行くしかねえだろうよ、って感じ。さて、休み取れるかにゃあああ。有休は冠婚葬祭しか取ったことのない小心者の純和風人間の私に果たして・・。

 ツイッターのページってなんであんな重いんだろ・・。10年選手のPC使ってるからいい加減買い換えろよ、という話ですが、なんか異常に重い・・。リアルタイム感が売りなんだろけど、重いので、全然イライラする。
 興味ある人々がツイッターしてるとそりゃ覗きたいんだけど、こちらはそんなに暇じゃないんだよねえ。はまりたいけど、時間なさ過ぎやし、休日に嗜むほどの魅力でもない。情報は気になるし、興味ある人がどんなこと思ってんのかも気になるんだけど、うーんやはり時間取られるなあ。

 水は今よりも低いところにしか流れない、って言うけど、摩擦を避ける方向に人って流れる、ってのは最近の僕の思考を占めているものでありまして。その摩擦ってのは物理的にもだし、精神的にも。
 いまオタクみたいな人が、社会性を無視してすこぶるエラそーなのは、ネット世界で、せっせと虎の威を借りてるからだと思うの。同じ思想、嗜好の方々を味方につけて、でもそれは幽霊的というか、実在はしてんだけど、マジの実在はしてないわけで・・・。勘違ってる。勘違ってないけど勘違ってる。そこがネットのややこしいところ。
 精神的摩擦を避け、「うんそうだ、そうだ」と自分の考え方を強固なものしていく。そして違うものの考え方の人を、ネット上で、叩きまくる。実世界ではどうか。何も言わずにふんふん頷く。「ふん。こいつわかってねえ」って心で思う。そしてネット上で思いをぶちまける。君何者なわけ??虎の威をはがせば何も言えない、やせ細った底の浅い情報を身に付けた輩が姿を現す。そしていきなりこちらが知らないような情報をひけらかし、「ふん、知らないでしょ?」顔する。いや、今そんなこと言ってるんじゃないし、っていう。人が知らない情報を知ってることで優越感を得る。ジェネレーションオブ情報化社会。
 
 そんな雰囲気を持つ指導者が最近増えてる気がする。「なんか困ってることとか気になることとかあります?」とか気使って聞いても、食い気味に「いやないです」っていう。いやいや、お前できてねえじゃん、っていう。全て分かってる気でおるけども君はまだ何者でもないよ。つかそこでも摩擦を避けてるなって。これは物理的にね。人と人との関わり、という摩擦。質問、つまり知らないっていう弱みを見せて、その弱みを上の人に補ってもらうっていう摩擦。
 バイトだったらそのまま使わなくなる、とかなるけど、新入社員だったらホント厄介よ、まじ。
 新入社員ばかりのツイッターとかねえかな。今の時期見てみたいよ。お前何者だよ、っていうやつ。

 ツイッターやりてーけど時間をうまくやりくりせんとな。

 p.s.
 ツイッターなのに、「ツイートする」、とか言うよね?じゃツイーターじゃね?とか思う。。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2010-04-07 02:42