<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0086809_22311639.jpg
+++ BGM in my room... +++
tete / l' air de rien (2001)

 ←ヤバ・・・。沁みる・・・。アコギ本格的に練習しようかな。。でもこのアコギの弾き方の感覚は生来のもんであろうなーと。アコギ持ったら、ねー?やっぱなんか静かに、メロウにいきたいじゃない?こんなにハネないじゃない?フランス国籍の黒人は、サッカーの、例えばバルセロナFCのアンリとかでも言えるんだけど、華麗なんだけど、なんつうか溢れ出る「身体能力」みたいなのがあるわけじゃないすか。そういうのが、このteteの音楽にも感じるわけ。こう、叙情的だけど、流れとる血は熱いぜ、つうか、もうリズム感覚が違う。多分、例えば静かに歌ってるときに彼の頭の中にある風景とかは、こちらからは想像もつかないような風景が流れておるのかも、とか思うと、よけい沁みちゃうではないか・・。

 

なんとなーく長い研修の話
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2008-10-18 01:36
a0086809_2541083.jpg
+++ BGM in my room... +++
belle and sebastian / if you're feeling sinister (1997)

 確か去年か、その前の年かいつか忘れたけど、「秋の夜長は、ベル・アンド・セバスチャン」という文を書いた気がするけど、なんか毎年その言葉がよぎる。なんだかバカっぽいけど、語呂の良さのせいか、よぎる。この時期のベルセバは、紅葉にも似た趣きがある。冬の、全てが静まりかえるその前に、「さああっ」と世界を色づけてみせる。そしてホクホクした気持ちで、秋冬用の服を買い揃えたり、寒い季節の前に恋をしてみたり、してみなかったり、しないフリをしてみたり、メールをしてみたり、してみなかったり、してみる。そうしながら、冬が来てもいいかな、なんていう気持ちの準備をしてみたりする。もしそうならばどこへ行こう、なんて想像もしてみたりしてみる。

 ふん、やれやれ。どうやったって、秋とはそんな季節である。


*     *     *


 今日、去年、一昨年と共に中3(現高1)を教えた、今は大分に旅立ったドSなSさんから、校にいきなり久しぶりの電話があった(まあ世の大半の電話がいきなりではあるが)。
 「〇〇さん、結婚するんすか???」「そうなんすよ!どうやって知ったんすか?」「うおおおお!(すげえ嬉しそう・・・)。いやいやスケジューラー見てたら、結婚式とか載ってんじゃないすかーーー。いつから付き合ってんすか??」「いや3月くらいに△△さん来て、いきなりそっからみたいすよーー」「ひょえええええ@>・‘**g;#”&@:・*・。△△さん、〇〇さんのこと何も知らないっすよねーー。じゃないとありえんすよねーー」「いや、まぢで。知らないと思いますよーー。くっつくのもスピードならその逆もスピード、みたいな」「うひゃひゃ+・;「@:。>、%#$!!!車買ったんで、今度折尾行きますねーーーがちゃ」「ういーーー、あ、切れた」

 まあ〇〇さんを近くでずっと見てきた我々2人ですから、まあこういう盛り上がり方です。うん、△△さん、あり得ん、つうか頑張れーーー。末永く、末永く・・。
 ってかSさん、絶対折尾来んやろう、っていう・・・。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2008-10-09 03:32
a0086809_361540.jpg
+++ BGM in my room... +++
mo'some tonebender / SING! (2008)


 その昔、8・9年位前にまだ福岡で活動してたモーサムのライブを見て、一発でやられて、ライブハウスでソッコーCD買って、当時組んでたバンドでコピーなどをやりまして。そん時から、ボーカルの百々さんの声の高さとかが心地良くて。突き抜けてんだけど、ポップに響くよなーみたいな。そして音とか曲とかは所謂「オルタナ」で。
 メジャーデビューする頃には、そんなオルタナ感は僕の中には薄くて。試聴とかはしてたんだけど、「やっぱもうこういうの聴かんよなー」っていう感じで。

 しかし・・・しかしですよ。
 最新アルバムから「流星群」というPVをまたもやたまたま見かけたのですね。そしたらもう・・・・・・・。なあんつーーんでしょ。まさしく「脳内延々リピート状態」。通勤途中も仕事中も寝るときも朝起きた時も。一回聴いただけですよ?
 んでですね、そういう状態ということは、お分かりでしょうが、もう気が狂うほど聴きたいわけですよ、もう一回。でもね、ユーチュブにはなかったんですね、探しても。んで2ch系が生理的に受けつけられないこの僕が、ニコニコまで行って探したんですが、やはり無いのですね。でもほら、まさか買わないよね?とか自分でも思うわけですよ。モーサムやし、みたいな。これ、全然否定的ではないのですよ。歳が歳じゃん、今オルタナ?ていう、完全自分の問題として言っているわけです。
 でもね、流星群が強力すぎてね、タワレコに買いに行ったンすよ、モーサムを。「ぶふっ、いやいやいやもう耐えれんっしょ??」って感じで。んでまあ試聴あったんで、したらね、一曲目が「シンクロニシティ」という曲で、これでまたぶっ飛びまして。いきなり所謂「デフ・レパード・コーラス」!んで2曲目が流星群だったんですが、もうこの2曲で買うのを決めました。しかしまあ聴き進んでいくうちに、もうね、ポップ。オルタナ感無し。後で雑誌読んだら、まあそういうものを作ろうという感じで作ったのだそうな。ここで実感したのが、やっぱオルタナやってる人(オルタナ言い過ぎて、サブいぜこいつ、的な)って根がポップだよなーって。ポップじゃなかったらやっぱもうちょっと別の路線行ってるよなー、とか思いました。
 あと、今までが結構攻めの音楽っつうか、そういうのやってた人が鳴らすポップって何かすげえ説得力あるよなーとか。

 んで買ったCDを激リピート中。仕事場にも持って行ってます。生徒、指導者帰ったら、爆音で一人狂ってます。バンドでコピーしてた時も思ったし、さっきも書いたんだけど、歌ってると気持ちいいんす、百々さんの声の高さが、っつうか曲のキーが、つうか。んでもちろんソッコーの耳コピでギター弾きまくって歌いまくってます。夜中だろうがなんだろうが全力です。青春の血が再沸騰です。こんな感覚久々です。理屈抜きの脳天直撃炸裂音楽です。頭弱い子っぽく漢字多めです。でもまあそんな気分なのです。

 んでいつまでも見つからなかった流星群のPV見つけたんで載せます。百々さんカッコ良すぎだろ、っていう・・・。俺もムスタング買おうかなー、しかも赤。。
 あー、こういうのがあるからなかなか大人になれんよねー・・。


mo'some tonebender / 流星群
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2008-10-02 03:45