<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0086809_2512848.jpg
+++ BGM in my room... +++
Ida / Heart like a river (2004)

 ←中古屋で1000円で見つける。いえー。

 土曜日は3月まで小倉で教えていた中3、3人がうちの校に来た。なんと門司にある高校から遥々折尾まで。バスに揺られて1時間以上。ありがとう。ってかT林とK野と、なんどH田!!H田に至っては、3年の夏前くらいに辞めちゃったので、ほぼ1年ぶり!!K野とH田は今は同じ高校。てっきり犬猿の仲かと思ってたけど、すごいコンビネーション。宇宙クラスに強大なボケのK野に、的確に暴言&毒舌でツッコミまくるH田。おもろすぎやし。T林が出る幕なかった。
 T林は来るの知ってたけど、その2人が来るのは全然知らなくて、んでT林も知らなくて、なんか久々で偶然の再会が同じ箇所で同時多発、みたいな状況。
 この3人てのは、去年の中3ってすんげえ濃かったのだけど、それのトップ3だったわけですよ。それがね、集結してね、そして勉強をしに来たわけではなく、遊びに来たわけで、で高校生なって落ち着いてるかと思ったら、K野はレベルアップしてて(それはH田のツッコミが的確で、パターンが豊富だからであろう)、ホントT林は引いててね、まあ軽くカオス。放送禁止用語をバンバン連発するので、折尾の生徒、もしくは指導者たちを2階に上げて、そのワードたちが耳に入らないようにするのがしんどかった。新ギャグも出来てたし。「サラブレッド~~!」と言いながら、ある動作をするのですが、まあモザイク入ります。ちなみに3人とも女の子です。
 結局T林は9時くらいまで数学やって帰った。これから毎週来るね!って言ってたけど、うん単品ずつで来て。集まったら変な化学反応起こるから。
 


*    *    *


 そして今日はとてもとてもとてもとても久しぶりにS川くんより電話があった。東京にowenのライブを見に行ったときに泊めてもらった以来になるのかなー。3年ぶりくらい、おそらく。ある関西の国立大学の医学部に4月から通ってるらしい。合格おめでとう!今は神戸辺りに住んでいるとの事。近くに良い珈琲屋があるとのことなので、近いうち遊びに行く約束をする。夏に18切符で行こうかしら。彼に会いに行くのには、うってつけの手段だと思う。ゆっくり、ゆっくり移動したのちに、「やあ。元気?」と言い合うのだ。その日が来るのを楽しみに。

 久々な感じが続いた週末だった。この久々な感じ、なんか良いぞ、と。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2008-04-21 03:30
a0086809_21242298.jpg
+++ BGM in my room... +++
norah jones / feels like home (2004)

 デビューアルバムが1600万枚も売れたシンガーソングライターのセカンドなんて、どうしたって怪しい雰囲気が付き纏うもの。あの完璧な引き算で構成された"come away with me"というアルバム。きっと装飾が施され、無用で押し付けがましい、こちらの心の揺れをあちら側から促すホーンやストリングスなどがあちらこちらに配置されているに違いないと思いつつ、しかししかし、"come away with me"をずーーっと聞きまくっていて、感動しっぱなしで、これはセカンドをレンタルせんと収まらんぞ、と。そして借りたならば、もうね、完璧。1曲目から完璧。もうほんと"come away with me"と張るくらい。こういう体験はある意味衝撃で。
 やはり過剰な期待というのが聞く前からあったりして、でも「どうせアレなんでしょ」という諦念も同じ割合くらい占めたりしてて、そういう状況で一曲目の歌いだし一発でそれらのハードルを軽々「超える」ってのはちょとあまり無くて。だいたいが、特に感慨もなく聞き終えて、「うん、まあね。まあそうでしょ。でも、うん、いいっちゃいいんじゃない?」ってなもんで、聞き進むうちに良さをどんどん発見していくパターンと、「やっぱ聞かんくなったな」ってパターンに分かれる感じ。
 でもね、最近すごく思うのが、最初のイメージっつうか、感覚っつうか、所謂第一印象ってのがかなり当たってるなーって。買って一回聞いたきり、聞かないCDとか存在する。ある日にふと「あ、あのCD買ったけどあんま聞いてねえじゃん」って聞いたりする。そしてまたしばらく聞かなくて、同じ事を繰り返していくんだけど、でもね、何回聞いても「ビミョー」なのよ。そして「ビミョー」だから買って一回しか聞いてなかったんだ、てのに気付くわけ。
 同じような状況に「レンタルは金がかかってないから、あんま聞き込まない」っていう定説があって。あれも違うんだなーって、今回のノラ2ndで痛感。つまりレンタルするのは「ビミョー」だと思ってるから、金かけたくないからレンタルするのであって、それは「ビミョー」なものに当たる確率ってのは必然と上がるわけで。買うときは何千か出すわけだから、まあいろいろと選択して買うからね。でも、このノラ2nd借りてる最中だけど、もうずっと流れてますよ。1階にも2階にも車にも持っていってますよ。
 んでその話の流れで、ノラの3rdってノラのアルバムの中で唯一CD買って持ってるんだけど、これが聞かないのね。聞いても6曲目の"thinking about you"だけだったりする。何が悪いのかってのはよくわからないけど、あの流れた瞬間に周りの空気がガラっと変わる感じが希薄なのかな。もしくはBPMだったりとか、ちょっとしたメロディラインだとか。よくわかんないけど。

 ちょっとノラの話ばかりで申し訳ないんだけど、ノラのアルバム(声、かな?)って季節(もしくは天気)を選ばないなーと。春はしっかりといろんな生命の息吹を祝福しているみたいだし、夏は夜に窓を開け放って本を読む時とかにいろんなものを落ち着けてくれるし、秋は外の虫たちと絶妙に交じり合って、冬は言わずもがなだけど、暖かく部屋を包むというか。極端な例で悪いんだけど、シガーロスは夏には聞かないし、ファウンテインズは冬には聞かない。そして他のシンガーソングライター系にある個人的な哀愁ってのもそこまで感じさせない。

 こんなにノラだけで書くつもりなかったのに書き過ぎてしまった。閑話休題・・・


a0086809_2217559.jpg
 桜が咲いて、満開になり、今や見違えるように痩せてしまった葉桜が悲しげですが、3月末は春講最中でしたがいろいろ出かけました。
 まずは大学のサークルの友人の結婚式2次会。結婚自体にビビリはしましたが、お似合いの2人であります。そこでサークルの懐かしい面々と再会。みんな恐ろしく変わってない。思うのだけど、高校以降の友人てのはずっと変わらないのかも知れない、とか思う。多分そんなはずはないのだけど。チームたのとか2年くらい会ってなかったけど、多分そんなもの関係ないのかもね。
 お2人とも末永くお幸せに。住処が熊本ってのがいいよなー。


a0086809_22242116.jpg
 その次の週は久々熊本に乗り込みました。だって今の校に移って連休なくて、んで久々連休あったもんだから、ね。仕事終わって、指導者や生徒を早急に追い出して、私服に着替え特急に飛び乗りました。そして熊本着いて、夜な夜な1時から始まる宅飲み。その翌日花見をかまそうと思っていたら、天気予報は生憎の(ホント生憎の)雨雨雨。んでどこ行こうと協議の結果、水族館、しかも福岡マリンワールドみたいな。そして夜な夜な招待してくれたAサミさんお手製パスタを喰らう、サラダを喰らう、ツマミを喰らう、などしてDちゃん宅に戻ったら、はい即就寝。


a0086809_22341542.jpg
 そして翌朝、前日ダモ鈴木(伝説のバンドCANの元ボーカリスト)のライブ@熊本に行っていて、朝6時に帰ってきたというKヨータさんを起こし、水族館に誘うと眠気混じりにOK、GOとのこと。やったね。
 水族館は一昨年の沖縄の美ら海水族館以来。ラッコが可愛かった(写真上)。写真下のペンギンたちは、ちょっと濡れたガラス越しのため少し移り悪いですが、奥の3羽(単位、羽だっけ?)がすげえ面白かった。想像力をかきたてられるフォーメーションというか。これがね、ぜんっぜん動かないのよ、この3羽、ずーっと。微動だにしないってか。寝てたんだろうか。まあ周りの客たちは一斉に「アフレコ」大会やってましたけどね、我々も含め。その中でね、女子大生かOLかわかんないけど、女性3人組がいて、その人らのアフレコがちょっとおもろくて。それは「引きこもってないで、出て来なよぉ」っていうもので、なんと4羽目の存在をほのめかすという、ナイスな角度からのアフレコ!!他のみんなは「これからどうしよっかー」とか、「なんかつまんねーよなー」とかありきたりなものでしたが、「ええええ、もう1羽いんの!??」っていう。ちょっと一人ツボにはまってました。みなさんもなんかおもろいの浮かんだら返答にでも載せてください。

 その後はせっかく福岡だし、一風堂。不味くなっているという噂だったが、うん、白味はあんま変わってないってか、あんま回数行ったことないから、覚えてない。翌日行った熊本の龍の家はすごい美味かった。一風堂より美味かった。

 泊めてもらったDちゃん、二晩も宅飲みでお邪魔になったAサミさん、あざーす。また行きまーす。

 と、久々の更新っした。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2008-04-13 22:51