<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0086809_0434956.jpg
+++ BGM in my room... +++
nhhmbase / nhhmbase (2006)

Hello,Halo,ハロー。久しぶりですの更新です。僕はと言えば、かなり忙しいですが、楽しんでもおり、良い音楽や本との出会いとかもありで、なんやかんやです。

 受験シーズンであり、小学生や高3たちはそれぞれ受験やセンターを終えているわけで、なかなか思うようにいっている子は少なく。我の力不足を痛感しておるわけですが、合格当然といわれておった小6の子がね、残念な結果で。
 県立の中高一貫校で、公立なもんだから学力試験ではなく適性検査と呼ばれるもので、しかもラストは「クジ」。もはやこの残念さはどこにぶつけてよいものやら・・。

 かと思えばきちんと合格した子もおりまして、受かったけど学力的なものが心配だから、山田先生で入学まで算数をしたい、なんて言われた日にはですね、「おりゃ一生面倒見たろうやんけー!!」とぶち気合入りまくるわけですが、やはり嬉しいわけですよ、そういう瞬間。でも不合格の子が1人でもいると、なんだかこう、外に出たいんだけどしとしと雨が降ってて、んーなんだかなーといった、そんな感じなのでして、いつの日か、自分の校からは1人も不合格者が出ないような、そんな日が目標。

 良い音楽との出会いといえばですね、↑のnhhmbase(ネハンベース)ですよ。前に"9/8"のPVを目撃いたしまして、んで衝撃を受けまして、んでやっと最近音源を手に入れたのですが、もう激ハマリ中ですよ。"9/8"の中毒性の高さはなんなんでしょ。変拍子と破壊とポップ。これだったのよーというか。新しい音楽との出会いに久々胸躍っております。
 このnhhmbaseはOWENの音源も出してる"& records"なわけですが、最近この& recordsのアーティストばっか買ってる&聴いてる。& records最初の日本人アーティストである"folk squat"というユニットがいるのですが、これを何とですね、ブックオフ、しかも田舎の、で見つけたのですよ。見たときはホントびびりまして。& recordsのアーティストがブッコフにあるのだけで奇跡。新譜の半額でしたので即買い。あとはboy in staticっていうシューゲイズ系の音を出してるソロユニットの人。orange cake mixが洗練されたような、ってかメロディが素晴らしく、んで音がシューゲイズだから、なんだろ、十分に音に包まってメロディに浸れる。そういう意味ではかなり名盤。
 こう見てみると、& recordsはホント素晴らしいレーベル、ってか僕の好みをそのまま表してくれてるようで、畠田実さんって人は僕とかなり似通った音楽体験をされているのでは、と。そりゃ僕の聴いてる音楽の量の方が彼の半分くらいではありましょうが、大筋は、という意味でね。一生付いていきますので、どうかなくなりませんように。みなさんも& records関連は借りたり、焼いたり、落としたりせずに、どしどし買っていきましょー。

 帰りに半額をやってる某蔦屋に行きまして、DVD&CDレンタル。そのCDがくるりの3枚組くらいのベストと、スーパーカーのBサイド集。
 ずっと前まで、スーパーカーのB集というか、シングル集はMDで持ってたんだけど、いつの間にかなくしちゃってて。んでですね、帰りの車の中で聴いたのですよ。Aというか、アルバムはなんか思い出した時にふと聞いたりしてたけど、Bはね、その無くした以来だから、なんだろ、泣いたね。「かけひきだとか、ため息だとか、言葉の奥の、言葉は知らないよ」「もう僕も大人だから、ちょっとだけうそもついていいよ」。
 もう10年くらい経つのね、彼らが登場して。なんだかそんな年月がこのB集で一気に襲ってきて。そういえば、この前中学生にスーパーカーのクリームソーダ聞かせたら「サイコー!」とか言ってて、感動ー、みたいな。ふんふん、普遍的なもの、変わらないものってのは必ず存在するのさ。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2007-01-29 02:21
a0086809_315242.jpg
+++ BGM in my room... +++
キセル / 近未来 (2002)


 今日はひっさびさのキセルのライブに行ってきました。前回が確かおととし?の青山CAYでのワンマンだったような・・。前回は東京でのワンマンってことで、人も多く、んで時間もちょっと長くて、ってのもおかしな話ですが、キセルはあまり長いライブは似合わない、ついでに人が多いのも似合わない、肩の力が抜け切っている時のライブがとんでもなく素晴らしいのですが、今回は場所が創業百年以上にもなるらしい博多百年蔵という酒蔵兼レストランみたいな場所で行われたのですが、これがね、もうね、とんでもなく良かった!

 このイベントはcafe tecoというカフェの5周年記念イベントらしいのですが、カフェのイベントをそのカフェでなく酒蔵で行うってのも、なかなか意味が分からず、かつハイセンスのような、まさに「遠い昔は未来によく似てる」というキセルの歌詞にも合っているような気がして。
 出演者も素晴らしく、ライブアクトは高田漣。あと活弁家(無声動画に台詞をつけていくアレ)の山田広野さん。
 こんなに何気にすごい3組を呼べるなんて、cafe tecoって何者??と思うも、行ったことなどなく、今度行ってみようかねーと。キセル兄弟もごはんが美味いって絶賛してたし。

 キセルがね、ホント最高だったんですよ。編成は兄弟2人とキーボード1人とリズムマシーン。うん、最高の編成です。一時期人数増えてたけど、やっぱ少ないのが一番キセルらしさが出ると思う。とか言って、途中で高田漣と伊藤葉子さんっていうドラムの人が加わったやつもすっごいよかったんだけどね。
 んで昔の曲なんか、原形とどめないくらいバックトラックがアレンジされまくってたりして。2人の息もなんつーの、1人の人間がやってんじゃないかってくらいピッタシで。アイコンタクトだけで全てが繋がっていっちゃうような。
 選曲がまたたまらんくて。一曲目は「近未来」で次が「ハナレバナレ」。この始まりだけでやばいんだけど、「夢のいくら」や「春」とかやってくれて、んでアンコールで「ベガ」やってくれて最後が「ギンヤンマ」。泣くっしょ?おい、泣くっしょ?って感じで。そういえば「旅」からは一個もやってないな。

 つくづく思うのが、キセルのライブを体験してるときってのは僕の人生の中でも最高クラスに幸せな時であり、それは音楽が素晴らしいっては当たり前なんだけど、兄弟の人柄っつうか、あのふたりのMCも素晴らしいっつうか、ライブの空間が素晴らしいっつうか。分かる人は分かるはず!(と説明放棄)。

 部屋のストーブのオイル系が切れた系なので、そろそろ逃げる系です。山田さんの活弁もホント面白かったし、高田漣さんも激シブ+looperみたいな遊び心もアリな感じでよかった。超良いイベントに行けましたし、これからちょいと積極的にこの手のイベントを探そうかなと。日曜とかしか行けないんだけどね。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2007-01-15 04:14
a0086809_410782.jpg
+++ BGM in this room... +++
nyarin / anything is good besides rock music (2006)


 冬の講習会が土曜日にやっと終わったんですが、翌日曜は某私立K中学の入試日であり、この中学を受験するは、講習会の間毎日僕が2コマずっと教え続けたK君であり、彼は小6にして小3のベシャリで先生たちを戸惑わせるツワモノであり、毎日キレ続けた私でありますが、いやはや入試当日ともなるとなんだか感傷的になってしまい、励ましながらちょと泣きそうになったり、と講習会の疲れを残しつつ、起きるは午前6時。

 一通り思いつく限りの励ましの言葉を浴びせかけ、帰路に着き、小倉で早朝ショッピングをかまそうかと思いきや、時刻は10時前であり、開いてねえやと小倉ステーションをシースルー。
 その汽車は二日市行きであり、太宰府に行ってないのでそのまま乗り続け終点まで行こうかと思いきや、そこまでの切符を買っていないことに気付き、財布の中身を見るとおっと千円しか入っておらず、かなりツーフーに家の最寄り駅で下車。

 帰り着くはやはり10時前で、朝の10時前に仕事が終わる感覚を楽しみつつ、家のものはまだ誰も起きておらず。こりゃ面白いぞ、とテレビをつけてサンデープロジェクトを見ると、テーマは「団塊の世代」。可哀想な「団塊の世代」。つまりは親の世代。一緒くたにされ、アイデンティティも一緒くた。大量の「人」が「こんなやつらだ」と烙印を押されてしまう。わお。たまらないね。しかも犯した罪と残した廃棄物について延々と責められる。また「子育てを失敗した世代」と言われ、その「親に子育てを失敗された世代」である我々は、果て、もっとひどいのではないか。ってかもはや眼中にも入れられていないのではないか。
 バブルの恩恵にも預かることも出来ず、退職金ももらえず、年金の希望なんてこれっぽっちもなく、これから「団塊の世代」が高齢者になっていきその諸々の世話を一手に任され、しかも「育て方を失敗されている」僕ら。うん、眼中に入れられていないからこんなに世界のはじっこに追いやられて、逃げ場も無いところでいろんなことを背負わされるんだ。上の世代たちの無責任っぷりが爆発。

 まあそんな僕らは楽しいダンスミュージックでうまく踊るしかない。どん底でもうまく踊るしかないのだ。fromダンス・ダンス・ダンスbyハルキ。それかレディオヘッドやスーパーカーでシニカルに笑い飛ばすのだ。シューゲイズの轟音の毛布に包まり、すやすやと目を閉じるのもいい。
 僕らにだって幸せになる権利はある。いろんなことに気付いた世代。さて、僕らは欧州の後に続けられるのだろうか。宗教が存在しないこの国で、欧州の後を追えるのだろうか。

*    *    *

すこし文章が暴走したが、日曜の夜はUスケんちにマンガを返しに。あいさつもそこそこに、車でスーシーを食いに。ここが安くて、んでメニューもなかなかで、ちょっとツマミ系が少なかったが、雰囲気もよく、んまあ良いところでした。日ごろ寿司を食わないので、二人で寿司に感動。寿司ってすばらしい。マンガを1年近くくらい借りてたような気がするので奢りました。
 その見返りにと言っちゃなんですが、↑のCDを通常500円のところを、もらいました。まんまマイスパレードみたいな曲がよかった。2月のスクールガールのライブは見にいこうかしらねー。ラストかも、だし。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2007-01-09 05:07
a0086809_4264841.jpg
+++ BGM in my room... +++
Alpha / Stargaizing (2003)

 バート・バカラック・ミーツ・マッシヴアタックなアルバム。上品なんだけど、強烈に渦巻く吸引力を感じる。

 えーずっとPCのインターネット状況が死んでまして、2週間近くPCが見れない状態が続いておりましたが、なんか年明ける直前に奇跡的に復活いたしまして、長い間更新の無かった状況を侘びたいなーと。

 あ、明けましておめでとうございます。年末に遠方遥々パームに集まってくださった皆様、感謝いたします。またいつでもよいですので、集まれるとき集まりましょう。次はま〇りんもかな?とりあえず良い飲みの席でした。
 熊本で飲んでないのが気になるので新年会とかしたいのだけど、年明けてからも小学生受験ラッシュ→センター試験→私立大→国公立2次前期・・・・・と続いていくので、んーどうだー?ゲロ忙しそうじゃねえええ?
 熊本とかはきちんとイベントがあるのがいいよね。きちんと催し物があってると言うか。コミュニティ的なものというか。日記など見てるといろいろと楽しそうだし。

 そうそう。タイトルにも書いたようにですね、ゴールデンエッグスのシーズン2なるものがあってるらしく、ユーチュブで見れるよーと4416さんから聞いたもので(感謝です!)、ネット環境も復活したことだし、見ましたならば、、、、、おもろい!!絶対初期を上回っている!!外れの回ってのがホントないんだよね。全然無いって言ったら嘘になるけど。

 とりあえずオススメの2本載せときます。

 エピソード14(ネセサリー)     エピソード20(ばーろう2)
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2007-01-03 04:46