博多百年蔵とキセルはよく似合う

a0086809_315242.jpg
+++ BGM in my room... +++
キセル / 近未来 (2002)


 今日はひっさびさのキセルのライブに行ってきました。前回が確かおととし?の青山CAYでのワンマンだったような・・。前回は東京でのワンマンってことで、人も多く、んで時間もちょっと長くて、ってのもおかしな話ですが、キセルはあまり長いライブは似合わない、ついでに人が多いのも似合わない、肩の力が抜け切っている時のライブがとんでもなく素晴らしいのですが、今回は場所が創業百年以上にもなるらしい博多百年蔵という酒蔵兼レストランみたいな場所で行われたのですが、これがね、もうね、とんでもなく良かった!

 このイベントはcafe tecoというカフェの5周年記念イベントらしいのですが、カフェのイベントをそのカフェでなく酒蔵で行うってのも、なかなか意味が分からず、かつハイセンスのような、まさに「遠い昔は未来によく似てる」というキセルの歌詞にも合っているような気がして。
 出演者も素晴らしく、ライブアクトは高田漣。あと活弁家(無声動画に台詞をつけていくアレ)の山田広野さん。
 こんなに何気にすごい3組を呼べるなんて、cafe tecoって何者??と思うも、行ったことなどなく、今度行ってみようかねーと。キセル兄弟もごはんが美味いって絶賛してたし。

 キセルがね、ホント最高だったんですよ。編成は兄弟2人とキーボード1人とリズムマシーン。うん、最高の編成です。一時期人数増えてたけど、やっぱ少ないのが一番キセルらしさが出ると思う。とか言って、途中で高田漣と伊藤葉子さんっていうドラムの人が加わったやつもすっごいよかったんだけどね。
 んで昔の曲なんか、原形とどめないくらいバックトラックがアレンジされまくってたりして。2人の息もなんつーの、1人の人間がやってんじゃないかってくらいピッタシで。アイコンタクトだけで全てが繋がっていっちゃうような。
 選曲がまたたまらんくて。一曲目は「近未来」で次が「ハナレバナレ」。この始まりだけでやばいんだけど、「夢のいくら」や「春」とかやってくれて、んでアンコールで「ベガ」やってくれて最後が「ギンヤンマ」。泣くっしょ?おい、泣くっしょ?って感じで。そういえば「旅」からは一個もやってないな。

 つくづく思うのが、キセルのライブを体験してるときってのは僕の人生の中でも最高クラスに幸せな時であり、それは音楽が素晴らしいっては当たり前なんだけど、兄弟の人柄っつうか、あのふたりのMCも素晴らしいっつうか、ライブの空間が素晴らしいっつうか。分かる人は分かるはず!(と説明放棄)。

 部屋のストーブのオイル系が切れた系なので、そろそろ逃げる系です。山田さんの活弁もホント面白かったし、高田漣さんも激シブ+looperみたいな遊び心もアリな感じでよかった。超良いイベントに行けましたし、これからちょいと積極的にこの手のイベントを探そうかなと。日曜とかしか行けないんだけどね。
[PR]
by swtgrlstrvllngbd | 2007-01-15 04:14