chrome使いってこともあり、google関連だとなかなか便利なのね、いろいろと。よってブロガー始めました。レイアウトもいろいろ細かく決めれるみたいだし、なんかポップでかわいいし。ってか定期的にプラットホーム変えたくなるよねー。

 こちら、です。


 ブログのタイトルは変わってません。お気に入りに登録などされている方がいれば(いるのか!?)変更お願いいたします。先ほど怒りのブログを一本書いてしまいました。ツイッターでやろかなと思ったけど、字数全然足りんし、あそこって空気読まんといけんとこもちょっとあるから。思う存分書いたりました。
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2011-06-12 10:56
 ツイッターのほうでそのときに思ったことをつぶやいたり、良い情報、素晴らしいツイートをリツイートしたり(フォロワー少ないけど、まずは知った人に、そしてそこから少しでも広げられたら)してたけど、さて、ブログに、ってなるとその都度思ったことを書くってよりか、わりとまとめないといけないので、今回のことに関してはもう何から書けば良いのやら、って感じで。あまりに大きくて、ツイッターみたいにそのときに思ったこと、という形で出していくのがベストだな、とも思うし、2人ほどフォロワーも増えたので、見てる人は見てるんだな、とも思う。

 いきなりまとまってないのだけど、ツイッターでは書きにくい、わりと抽象的な事柄っていうか、ニュースなど見てて気付いてしまったことというか。抽象的だし、被災してない、余裕のある者の悠長な戯言と捉えられるかもしれない。

 5日目も過ぎ、ニュースの内容は悲劇の度が増してきている。日にちが経っているからこそ感じられる絶望もある。それまでは「まだ見つかってないだけ」という状況が、「見つかっていないということは・・」という状況に変わってきているし、避難している人たちにもこの悲劇が日に日に現実のものとして、生活と同化しつつある。福島県にいたっては、原発の問題もあり、目に見えない恐怖とも闘わないといけない。
 逆に、4、5日に及ぶ探索の末、再会する家族、知人などの様子も報道されたりしている。日本中の、そして世界中の有志たちが被災者のために、被災地のために行っていること、声明などを見ると何とも言えない感動が身を包む。

 「無縁社会」という言葉が浮遊している昨今、この報道されている「人と人とのつながりがもたらす感情」というのが、現代社会に足りないものの一つだな、とふと思ったわけで。「家族が見つからない」とか「家族と再会した」、「家族と連絡が取れた」、「会社の社員の無事がわかった」、「友達と再会出来た」、こういう報道には否が応にも心が揺さぶられる。ガシガシと心を鷲掴みにされる。勝手に涙が出てくる。

 被災地の方にとっては悲劇、というよりは地獄であるし、ニュースの画面からでもその様子は、もちろん全てではないが、伝わってきている。でもその何もなくなった地からガシガシ伝わってくる「人と人とのつながり」の強さ。離れてしまったり、くっついたり、そのときに生じる悲しみの強さ、幸福感の強さは、そのまま「人と人とのつながり」の強さなのだと思う。それらがあまりに強大なのでこちら側の心は揺さぶられるのだと思う。

 連日なされる報道。こういった報道ばかり見ていては気が滅入るので、元気の出る番組を流すべきだという意見もある。でも歴史上稀に見る未曾有の悲劇。目を逸らさず直視することも大事だと思う。被災地の大多数の人にとっては現実であるし、大切な人を失った人、大切な人が見つからない人にとっては、精神的、物理的の両面で地獄である。こんな時くらい、日本人くらいは同じ方向を向きたいじゃない。一致団結して少しでも被害が軽くなるように、少しでも早く復興が進むよう努力したいじゃない。単一民族国家の団結力は既にガンガン報じられているけれど。
 そういったことを除いても、時折報じられる再会の場面や、自衛隊の救出の場面などは上でも述べたように、今の日本に不足しているものをありありと感じさせる。映画やドラマの作り物ではない、現実。映画やドラマも、「人と人とのつながり」を描いているものはあるし、それなりに感動させてくれたりするが、見ている側はやはり映画、ドラマと思って見るものだ。

 これが現実。ということを子供たちにも見てほしい。悲劇の部分だけ見るのではなくて、「人と人って本当に繋がってるんだ」とか「家族って本当にこういうものなんだ」とか「私の持っている感情は間違ってないんだ」という感覚を感じてほしい。皆熱いものを持ってるはずなのに、裏切られるのを防ぐために、初めからそういう熱いものを隠して生きている。「ハイリスク・ハイリターン」でなく「ローリスク・ローリターンorハイリターン」を追い求める。市場原理の「ローリスク・ハイリターン」精神が、日常生活から人間性格まで、あらゆるものを汚染してしまっているせいだ。
 だから、なんと言うか、「君のその感情は間違っていない。家族が大事だとか友人知人を大切に思うことは当たり前なんだ」ということをわかる機会が、この一連の報道の中にあると思う。
 悲劇の中に光る人と人とのつながり。これはこの悲劇が産み落とした未来に残る希望の光だと思う。ナカカズも言ってたじゃない「闇の中の光はほら、強い」って。

 んー、まとめんと、とか冒頭で言いつつまとまってねーなー。なんか追加で言いたいことあればまた書きますし、「あんときのあの発言はやっぱこうでした」とか言うかも知んない。まあいいや。一人部屋だし。
 ナカカズって書いたらナカカズ聞きたくなってので貼ります。上の歌詞はセブンスターだけどこっちが元気出そうかなって。歌詞は勘違いしてほしくないけど、take action!みたいな感じで捉えてくれれば。





p.s.
 一応告知されてたんで、義援金募集バナー貼っておきます。日本赤十字社に送られるみたいです。
もちろん「やれ」ってことで貼ってんじゃないから。いろんな形があると思うし。現地行って、現地の希少な食料食い散らすくらいなら、「何もしないけど、ちょこっと節電」のほうが貢献だ。
ただ募金は「最良の選択肢」の一つだと思う。個人的に。


[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2011-03-16 04:45
「そうさ、猫の手を潰す必要なんて何処にもない。とてもおとなしい猫だし、悪いことなんて何もしやしないんだ。それに猫の手を潰したからって誰が得するわけでもない。無意味だし、ひどすぎる。
 でもね、世の中にはそんな風な理由もない悪意が山とあるんだよ。あたしにも理解出来ないし、あんたにも理解出来ない。でもそれは確かに存在しているんだ。取り囲まれてるって言ったっていいかもしれないね。」

 鼠はビール・グラスに目をやったまま、もう一度首を振った。
「俺にはどうもわからないよ。」

「いいんだよ。わからないで済めば、それに越したことはないのさ。」
 ジェイはそう言うと、暗いガランとした客席に向けて煙草の煙を吹いた。


*「1973年のピンボール」92頁より
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2011-02-13 01:22



なんでしょね。昔っから椎名林檎って僕の涙腺を刺激するんですよ。自分でも訳が分かんないですよ。今まで誰にも言ったことないですがね(たぶん)。同じような人いらっしゃいますでしょうか・・・。
んでこの「閃光少女」なんですが、歌詞がね、ヤバいのですよ。声でもヤバいのに、歌詞がすごいとなるとね。さらにね、この歌詞をさ、全力で生きてる教え子なんかに重ねるとね、ヤバいんですよ。もしくは全力で生きてない教え子に「こんなふうに生きろよ!」とも思ったり。失ったものに何かを感じるのでしょうか。それともまだ生きているのでしょうか。

「今日現在(いま)が確かなら万事快調よ
明日には全く憶えて居なくたっていいの
昨日の予想が感度を奪うわ
先回りしないで

今日現在(いま)を最高値で通過して行こうよ
明日まで電池を残す考えなんてないの
昨日の誤解で歪んだ焦点(ピント)は
新しく合わせて

切り取ってよ一瞬の光を
写真機は要らないわ
五感を持ってお出で
私は今しか知らない
貴方の今に閃きたい
 
 
今日現在(いま)がどんな昨日よりも好調よ
明日からそうは思えなくなったっていいの
呼吸が鼓動が大きく聞こえる
生きてる内に

焼き付いてよ一瞬の光で
またとないいのちを
使い切っていくから
私は今しか知らない
貴方の今を閃きたい
これが最期だって光って居たい」
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2011-02-06 01:56
 休みの日はまあ読書してるときもありますが、最近は専ら内田樹氏です(お前一体何冊読んでんだ、と言われそうですが、読むのが遅いのです。それだけです。5冊くらいです)。

 「街場のメディア論」ってのを読んでて、コミュニケーションの回路が立ち上がる際の過程を書いていたのですが、それは、
 「これは自分に向けられたものだ」もしくは「これは自分への贈与物だ」と勘違いし、それに対するリアクションもしくはお礼からコミュニケーションが始まる、というもの。

 もう目からウロコ(内田氏によって目からウロコさせられるのはもう何度目だろう・・)。
 僕が校において心がけていることの一つが「公平さ」である。従って僕が生徒に与えるものというのは量や質的に同じ(もちろん、生徒によっては「与えない」ことで「与えている」生徒もいる←出来る子の例だけど)である(つもりである)。しかし、受ける生徒側によってもちろん取り方が異なる。「はあ。」と言って気のない返事する子もいれば、「もう何コレ!いじめようとしてるでしょ?」となる子もいる。僕は公平に与えているつもりだ。その公平さに気付かず、後者は「私自身に向けられた嫌がらせ」と取る。どちらの場合にコミュニケーションが発生するかは自明の理である。
 こういった「これは自分に向けられたものである」と勘違いする能力というのは、上の場合だけでなく、生活全般に置いてコミュニケーションを発生させやすい。そりゃ行き過ぎれば大阪のおばちゃんみたいに、テレビで全国に向けられたものでも「私に語りかけてる!」と思い、芸能人を見れば長年の友達のように接するのであろうが、行き過ぎようが行き過ぎまいが、この能力こそがコミュニケーションを発生させる能力なのではないか、と内田氏は書いているのである。

 ぐおー。
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2011-01-31 20:22
たとえば、いろんなことを何かのせいにして、
その後で「まあいいや」と放り投げる。
たとえば、みんな分かんないんだ、いいや俺だけでも、とか諦めたりする。
たとえば、誰かと話しているときに、うわあやっぱ一人がいいやと思ったりする。

異常にリアリティバイツが見たくなったり、ペイブメントが聞きたくなったり、ささくれだったギターの音を出してみたり、簡単なコードでポップなメロディを歌ってみたり。

そんなこんなが心地よくて仕方ない。くたばれノスタルジー!(うそよん)
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2011-01-16 01:42
 村上春樹の「ノルウェイの森」が公開が近いということで、雑誌に出演者や監督のインタビューが並ぶ。目につくものは全部立ち読み、とりあえずCUTとBRUTUSは買う。ノルウェイの森を読み直す。短編集も夜寝る前にひとしきり読んだりもする。1Q84も再度読み直しを始めている。分厚いインタビュー集を買い、内田樹氏の村上春樹に関する本を買い、今度出るユリイカをアマゾンで予約し、春樹訳の「ロング・グッドバイ」が文庫版で出てたので買ったりしている。僕はどこまで村上春樹を追いかけるのだろう。
 
 ウェス・アンダーソンやゴダールとかもそうだけど、「徹底した美意識」を持っている人をどんどん掘り下げる作業というのは、底というものは見つからず、どんどん気持ちのよい世界が広がっているものだと思う。そして、そういう世界に触れることというのが芸術のもつ醍醐味の一つであると思う。
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2010-11-29 13:25
最近ライブとか見て思うのだけど、いろいろ見方があるなあと。
感動するライブというのはいろいろあるのだなと。

「ものすごくエネルギーを感じるライブ」
 これは自分の嗜好に合う合わないは関係がない。単純に演奏側からほとばしるエネルギーをガツンガツンと感じてしまい、それで感動する。演奏や曲に対しての真剣さ、と言ってもいいかも知れない。最近はライブを見るときは、このタイプのライブが一番感動するのかも、とか思ってる。しかしこのタイプは、何かしらの音源を手に入れて、家で何かしらのプレイヤーで聞くかと言うと、そうでもなかったりする。家で聞くCDは静かなものが圧倒的に多い。夜に仕事から帰って聞くことが多いので、まあ疲れているし必然的にそうなる。朝や仕事前はそれに比べれば少し元気なものを聞くが、エネルギッシュとは程遠いものを聞いている。この点で僕はいつも混乱することになる。だからこのタイプのライブは演劇というか、舞台というか、そういうものであるかもな、と思ってる。

「違和感を感じるライブ」
 これは良い意味での違和感である。自分の価値観の外にある音楽、とでも言おうか。「なんだこれ?」が積み重なり、気づけば感動している、みたいな。この「違和感」というのはライブを体験する上で、もしくは感動する上で重要な感情であるような気がする。これがないライブというのは見る価値があるのか、とさえ思うようになっている。自分の中の知らないスイッチが押される感覚である。違和感を感じないライブというのは、それは予定調和というか、「わかりきっているライブ」であり、そういうものはこの歳になると、もうどんな感じか既に掴めているような感じになり、退屈になり、帰りたくなったりもするのである。
 このタイプの音楽もこの歳になると家では聞かなくなる。落ち着きたいのに「違和感のある音楽」を流すほど若くはない。よってこういう音楽もライブならではの感動なのかなと思う。

「テクニカルなライブ」
 文字通り、うまいライブである。楽器の技術的なテクニックもそうであるが、機材の使い方のテクニックなども感動のポイントである。そしてこれも音楽的嗜好というのは全く関係がない。どんな音楽であってもテクニカルであればそれなりに感動してしまうと思う。
 しかしこの種も家では聞かない。楽器のテクニックに注目して音楽(CDなど)を聞く、ということがないから。家やプレイヤーで聞くときは、やはり感覚、全体的な体感覚で聞いている。よってこれもパフォーマンスというか、舞台というか、ライブならではの感動であるな、とか思う。多分激うまヘビメタバンドのライブとかあっても感動すると思うが、絶対に家では聞かない。ラジオとかで流れてきた際にはおそらく慌てて局を変えてしまうであろうw。

「音がいいライブ」
 僕は音フェチ、特にギターの音フェチであり、クリーントーンでも歪みでも、アコースティックでも、自分の好みの音であればすごい快感を覚えてしまう。あとはPAの音がよかったり。でもコレは快感を覚えるのであって、感動する、まではいかないのかな、と今思ったり。

「知っている、もしくは好きなアーティストのライブ」
 これは言わずもがな、感動するのではないだろうか。元々が好きなんだから当たり前だし、好きなアーティストや著名なアーティストが目の前で実際に演奏をしている、という感覚もある。これはミーハー的要素も少なからず含まれるとは思う。ティーンエイジファンクラブのライブなんかは、それはそれは感動しましたし。


 逆に言えば、上記のどれにも当てはまらないというのが、「あーダメだ」「はよ終われ」と思うバンド、アーティストなのではないかと思う。そして上記に「好きなジャンルの音楽のライブ」というのは加えていない。好きなジャンルであってもおそらく、上記のどれかに当てはまっていないと感動はしないと思う。「それならCD聞いた方がいい」と思った時点でそのライブはダメだと思う。良いライブというのは「ライブでないと」感がたんまりあるものなのかな。そんな結の論。
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2010-11-24 04:27
ただ単に「めちゃくちゃ」感動したので、そのまま文章を貼付けようかと思ったが、長いので、リンクを貼ります。またまたまた内田樹先生のHPより。

階層化する社会について

「私には知らないこと、できないことがあります」
「教えてください」
「お願いします」

こればかりではハッキリ言って、「学生」(今の学生はこれすら持ち合わせていない、と内田さん言いたそうだけど)であり、今の職業上いかんので、うわべ以外はこの精神で。
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2010-11-15 23:11
おかんから着信+留守電が。わたくしはうたた寝してて気づかず。

それ見た瞬間凍りつく・・。「まさか」の言葉が脳内を駆け巡り、指が震えだす。
留守電を聞く。
「今日病院に行ったらすべてチューブが外れていて、歩けるようになりました。とりあえず順調です」とのこと。
ぷしゅーーーーーー

あー。これから俺はおふくろや姉のこういった行為に毎回動揺してしまうことであろう。
毎回「まさか」と思うことになるのだろう。
そういうことに、今日、ってかさっき気づいた。
[PR]
# by swtgrlstrvllngbd | 2010-11-07 05:02